お客様の喜びの声

太陽光発電システムを設置された方の喜びの声

知人の電気工事店から太陽光を進められました。南向きの大きな屋根でしたのですべてお任せしてみました。
結果、写真のように40枚設置、8.6KWの太陽光を設置する事ができました。エコにも大変興味があったので電気自動車日産リーフも発売した時、すぐ契約し現在も乗っています。ちなみに給湯もエコキュートを使用しています。
設置して初めての請求書は期待通り、購入電力量が使用料をはるかに超していました。通常、電気使用量は毎月変わらず16,000円位ですが、9月の売電はなんと30,000円でした!そうなってくると日頃から気にしていなかったことも気になるようになり、無駄な電気を消すなど努力するようになりました。今では翌月の「電気ご使用料のお知らせ」を見るのが楽しみです。設置して本当に良かったと思っています。

(橘内芳明様 8.6kw設置 4人家族)

  

3年前に新築した時、電気工事業をしていましたので「人にすすめる為にもまずは自分で実感しなければ」と決心して太陽光を設置しました。屋根は南東向きで1面設置です。今では毎月電力のお知らせが届くのが楽しみで、特に天気の良い日が多かった月は使用量より購入電力量が多く、つい「やった!」と声を出してしまいます。最近では今回の震災のようなケースでも夜電気が使えるようにバッテリーを設置するかどうか、検討しています。

(高橋一彦様 4.2kw設置 6人家族)

  

設置のきっかけは仕事で施主宅に行った時に太陽光発電を紹介された事でした。自然エネルギーで省エネを考えていた矢先でしたし、また今後仕事でも取り組んでいきたいと思い、設置を決心しました。今では設置して本当に良かったと思っています。
特に今回の震災では太陽光に助けられました。父が自宅に酸素吸入器を設置しているのですが、電気が無いと動きませんので太陽光があって本当に良かったです。それ以外でも冷蔵庫、TV、携帯充電器、炊飯器などを太陽光と発電機を利用して使う事ができましたので、食事や情報収集、暖房などの面で大変助かりました。
(参考)23年6月の発電データ:使用 695kw 10,827円  売電 302kw 14,496円

(美谷建築 美谷好市社長様 5kw設置 7人家族)

  

私の家は南向きですが屋根は東西の切妻屋根です。南向きではないので設置条件としてはあまり良くなく設置もためらいましたが、角度が6寸勾配で西日も強く受ける事も考え16枚ずつ設置しました。子供たちも家を離れ夫婦2人の生活で電気の使用量も少ない状況なので、雪の影響で発電が悪かった冬の間を除けばほとんどの月で売電の方が多くなっています。22年4月〜23年9月までの18カ月分の電気使用料と太陽光売電はそれぞれ126,975円と224,976円でトータルで98,001円のプラスでした(下のお知らせを参照下さい)。
設置して5年経ちますが、毎月「購入電力量のお知らせ」が楽しみです。南向きでなくても設置して良かったと思います。

(福島在住 H、Y様 2人家族)

  

新築し、今年の7月に入居しました。太陽光はもともとセットプランに入っていましたので特に気にしていませんでしたが、電力のお知らせがきてびっくりしました。屋根が南向きのところに良い天気も続いたおかげで毎月の使用量の2〜3倍の売電がありました。家計もすごく助かりますし、毎月電力のお知らせがくるのが楽しみです。これからも節電エコに頑張ろうと思います。

(佐藤様 3.2kw設置)

2005年にリフォームし、オール電化にしました。今回の震災では停電・断水などライフラインが停止してしまい、当日は精神的に不安定な状況でしたが、翌日太陽光発電の非常電源を思い出し、電気を使用する事ができました。2日間だけの停電でしたが炊飯ジャーやポットの使用、携帯電話の充電などできて本当に助かりました。

(福島県在住 H様 4.2kw設置)

太陽光発電ニュース

太陽光発電システム、導入前の5割は不安、導入後は9割が満足

市場調査会社のシード・プランニングは、太陽光発電システムを導入している「既存ユーザー」を対象に、購入理由や購入後の満足度などについて、インターネット調査を行った結果を発表した。

既存ユーザーの購入目的は、1位が「電気代の削減」(679ポイント)、2位が「売電収入期待」(382ポイント)、3位が「環境への貢献」(310ポイント)となった。経済的効果を期待しての導入が圧倒的に多かった。この調査項目では、既存ユーザーに購入目的を1位から3位まで尋ね、1位には3ポイント、2位には2ポイント、3位には1ポイントを付与して集計した。

購入後の満足度は高く、「非常に満足」(31%)、「まあまあ満足」(61.3%)と答えた人は90%を超える。満足の理由は、「電気代が安くなったから」(68.6%)が圧倒的に多く、「想定どおり発電・売電しているから」(37.9%)、「節電に役立つから」(35%)と続く。

購入時の心配事トップ3は、「初期投資額が大きいこと(=回収できるか?)」(67%)、「故障の心配」(56%)、「電気代が削減できるか」(47.7%)であった。これらの心配事は、約半数が、「販売店に質問・相談して」「自分で情報収集をして」解消しているが、残りの半数は「購入によるメリットの方は大きいと判断して購入」「妥協して購入」など、心配事を残しながら購入に踏み切っている。その理由について、自由回答で記述してもらったところ、「将来的な期待をこめて」「少なくとも環境に貢献できる」などの回答が寄せられた。

本調査では、2009年〜2010年度に既築住宅に導入したユーザー300人を対して、6月にインターネット調査を実施した。ユーザー300人は、シャープ・京セラ・三洋電機・三菱電機・サンテックパワー・その他、のメーカーの購入者50人ずつを対象とした。

このページの先頭へ

お客様の喜びの声